活動状況

福島環境修復有識者検討委員会実績

関連する業務概要

原子力安全推進協会(旧原子力技術協会)は、福島の放射能汚染地に適用で きる有効な環境修復技術を提案し、福島の復旧に貢献することを目的として、平成23 年度に学識経験者や専門技術者からなる「福島環境修復有識者検討委員会」を設置し、海外及び国内で実績のある環境修復技術について、福島への 適用性の観点から調査・検討を行ってきました。

NO 表題 内容 掲載日 備考
第4報 福島の実状に即した被ばく線量評価手法による簡易修復地等の事例解析


要旨ページ
原子力安全推進協会は、福島の放射能汚染地に適用できる有効な環境修復技術を提案し、福島の復旧に貢献することを目的として、平成23年度に学識経験者や専門技術者からなる「福島環境修復有識者検討委員会」を設置し、海外及び国内で実績のある環境修復技術について、福島への適用性の観点から調査・検討を行ってきました。
今回は、これらの調査・検討成果の内、平成24年度及び平成25年度に実施した「福島の実状に即した被ばく線量評価手法による事例解析」の成果を紹介します。
2014年11月28日 5.5MB
第3報 安全かつ合理的な環境修復技術とその技術の安全性評価方法紹介 第3報は、この調査・検討成果の内、主に平成24 年度に実施した「安全かつ 合理的な環境修復技術の調査・検討」、「修復後の環境安全性の評価方法に関する調査・検討」及び「環境安全性評価方法の適用性及び妥当性の検討」の3つの成果を紹介します。 2013年7月24日 5.8MB

※ 第1報及び第2報については、(旧)日本原子力技術協会のページをご覧下さい。