活動状況

  • HOME>
  • 主要活動プログラム Index

主要活動プログラム Index

活動の二本柱(「安全性向上策」と「原子力施設」の評価、提言・勧告及び支援)が期待されるパフォーマンスを発揮するため、JANSIでは次の活動プログラムに取り組んでいます。

安全システム向上プログラム

安全上重要な設備の設計等やマネジメントに関して評価し、安全性向上策の評価と提言・勧告及び支援するための活動を実施しています。

原子力施設評価(ピアレビュー)プログラム

ピアレビューや特定テーマレビューを通じて、原子力施設の運営状況や設備の状態、安全文化の健全性や改善への取組み具合をエクセレンスとの比較において評価し、それぞれのレベルを引き上げるための提言・勧告及び支援を実施しています。
また、WANO東京センターと連携し、相互の能力向上に取り組むと共に、WANOの活動を通じて世界の原子力安全向上にも貢献していきます。

情報活用プログラム

国内外のOE(運転経験)情報を活用して原子力発電所の安全性向上を推進しています。JANSIは集められたOE情報を分析すると共に、トラブル再発防止の徹底を図るため、新たに事業者が取り組むべき対策等をとりまとめ、事業者に提示しています。
また、NUCIA(原子力施設情報公開ライブラリー)に登録された国内のOE情報に関して、水平展開検討の必要性および検討内容をNUCIAを通して事業者に提供し、対応を求めています。

人材育成プログラム

世界最高水準の原子力安全を達成するため、事業者(協力会社を含む)が主体的に人材育成の充実・強化を図ることができるよう、仕組みを構築・運用しています。

発電所総合評価システムプログラム

発電所総合評価システムは、主に稼働中の原子力発電所を対象に安全に取り組む活動等を総合的に評価し、そのランク付けに基づいて事業者に自主的な原子力安全向上のインセンティブを与え改善に繋げる活動であり、支援を必要とする事業者には必要に応じてJANSI及び他の事業者が協力して支援を行います。

支援プログラム

JANSIでは事業者支援の仕組みを維持・強化するため、原子力施設との窓口役として連絡代表者を設置し、原子力施設における安全性向上活動に対する効果的な支援を事業者と連携しながら行っています。

基盤強化プログラム

原子力に係る規格・標準や電力共通保全技術基盤の整備に取組むと共に、これらを活用して事業者の安全性向上活動の支援を行っています。 また、特定のテーマを対象とした評価(特定テーマレビュー)も行っていきます。

国内外の関係機関との連携

JANSI及び事業者のトップが原子力安全に焦点を絞ってリーダーシップを発揮できるよう、事業者及び産業界のステークホルダーとの協働関係を構築しています。
また、原子力規制委員会、原子力規制庁、経済産業省(資源エネルギー庁)との意見交換、電力中央研究所、電気事業連合会、日本原子力産業協会と交流を行うほか、海外の機関や専門家との連携も積極的に進めています。
さらに、JANSIの事業運営全般に対して助言を行う国際アドバイザリー委員との意見交換や、個別の技術課題について専門家の立場から客観的な評価を行う技術評価グループを通じて、JANSIの経営及び活動の実効性を高めています。