活動状況

保全技量認定業務

関連する主要活動

保全技量認定制度は、原子力発電所で保全工事に従事する作業者を対象に、全国共通の基準でその資格を認定する制度で、平成22年10月1日より運用を開始しました。現在は、原子力発電所の保全工事の作業リーダや作業班長等のクラスを対象に、ポンプ、弁、モータ、電源盤及びプロセス計装の5つの機器区分について資格認定を行っています。
資格認定試験の受験条件や概要については、「原子力発電所の保全技量認定に関する指針」をご覧ください。なお、認定試験実施時期は各指定試験組織により異なります。受験を希望される方は、最寄りの指定試験組織にお問い合わせ下さい。


認定証更新の代替措置

認定証の更新にあたっては原子力発電所の保全工事の実務経験が必要となりますが、東日本大震災の影響により、保全工事が減少した等の理由のために当該実務経験を得られない場合は、以下の2つの代替措置の適用を受けることができます。

代替措置① 更新申請期間の延長

  1. 5年間をひとつの区切りとした期限内に、認定者の技量の維持状態の確認を行うことを目的とした講習を受講し、その技量の維持について確認を受けた場合は、更新申請期間を延長できるものとします。
  2. 更新申請延長期間内における更新に必要な実務経験は、認定「機器区分」に該当する機器の原子力発電所の保全工事を作業リーダー、作業班長等として経験していることとします。なお、当該保全工事は各原子力発電所のユニットが再稼動した後の1回目の定期検査完了までに実施されたものを対象とします。
  3. 更新申請延長期間内の更新申請は、実務経験を得た時点から6ヶ月以内に行うものとします。

代替措置② 実務経験の特例

原子炉が起動しないこと等の理由により、実務経験のうち試運転(機能検査)の作業のみ行うことができていない場合は、更新期間内に認定「機器区分」のモックアップ等を用いた試運転(機能検査)の作業を行うことにより、実務経験を得たものとすることができます。


保全技量認定制度指針

発行年月日 文書番号 表題
平成28年2月9日 HBP-870-0001 改訂6 原子力発電所の保全技量認定に関する指針

指定試験組織

年月日 表題 備考
平成31年3月26日 指定試験組織 計12組織

問い合わせはJANSI人材育成部 (TEL 03-5418-9318)または各指定試験組織へ