協会情報

品質方針

「福島第一事故のような重大な事故を二度と起こしてはならない」


JANSI は、原子力産業界のこの強い決意のもと、原子力安全を牽引する自主規制機関として設立されました。
私達は、この強い決意を肝に銘じ、「日本の原子力産業界における世界最高水準の安全性の追求~たゆまぬ最高水準(Excellence)の追求~」をミッションとして掲げました。
また、「自らを高め、エクセレンスを明確化して、その追求を求め、ギャップを同定して必要な支援活動を実行する」をビジョンとして定めました。
私達は、これらを達成する為に、以下の品質方針のもとに事業を運営してまいります。


  1. 原子力安全にフォーカスし、組織一体となって思慮深く評価・支援を行う。
  2. 事業環境の変化を敏感に捉え、原子力安全の観点から活動の優先度を確認して迅速に取組む。
  3. 事業者と緊密に対話し、信頼関係を確立する。
  4. 事業者と協働しつつ、事業者からの独立性を堅持する。
  5. 品質保証活動の有効性を継続的に改善する。
平成30年6月14日
一般社団法人 原子力安全推進協会
理事長