協会情報

JANSIについて

東京電力福島第一原子力発電所のような事故を二度と起こさないため、民間の第三者機関が原子力事業者を牽引して更なるエクセレンスを自主的に追求する仕組みとして、原子力産業界は2012年に自主規制組織である原子力安全推進協会(JANSI)を設立しました。
この「自主規制」を実現するため、JANSIと産業界は次の内容について確認し、「共同体」としてさらなる原子力安全の向上に取組んでいます。


CEOの関与

事業者CEOがガバナンス、オーバーサイトを含むJANSIの運営に積極的に関わる。
(※:全事業者のCEOにより構成されている理事会がJANSIの活動にコミットメントしています)


原子力安全に重点

原子力安全が最重要である。発電所運営における「エクセレンスの基準(“stanndards of excellence”)」の達成に重点を置く明確なミッションがある。


産業界からの支援

産業界はJANSIの活動に全面的に参画し、人材等のリソース面でJANSIを支援する。


責任

事業者は各自の発電所の安全について責任を有するとともに、産業界全体の安全についてJANSIへの責任を果たさなければならない。


独立性

JANSIは産業界には依存するものの、個々の事業者、事業者グループからの独立性を有している。


事業者との協働(協働原則)

事業者からの独立性と安全性向上活動についての牽引機能を確かなものとするために、JANSIは事業者と協働の原則を相互に確認しています。

協働原則

提言・勧告の客観性の確保

提言・勧告の策定にあたっては必要に応じて技術評価委員からのレビューを受け、その客観性を確保します。また、提言・勧告を発出する際は、理事長から直接行う仕組みとしています。

提言・勧告の客観性の確保

JANSIのミッション及び活動サイクル

自主規制を実効あるものとするためには、事業者が自主的・継続的に安全性向上に取組み、その時点での世界最高水準の安全性(エクセレンス)が達成できるよう努力するとともに、さらに高みを目指して自らエクセレンスを生み出すよう努力していく必要があります。(これを「エクセレンスの追求」という)
このため、JANSIは次のミッションを掲げて原子力事業者の自主的、継続的安全性向上活動を牽引します。


~ミッション~

ミッション


JANSIは、ミッションを達成させるために最新のエクセレンスを把握し、それをベースとした「エクセレンスの設定」と事業者に対する「評価」及び「支援」のサイクルを、効果的かつタイムリーに回します。


<JANSIの活動サイクル>

エクセレンスの明確化(ガイドライン等)