協会情報

会長挨拶

会長 ウィリアム・エドワード・ウェブスター・ジュニア 新型コロナウイルスの感染拡大に言及しなければならない二度目の年次挨拶となりました。私たちの仕事や普段の生活は、パンデミックによって深刻な影響を受け続けています。JANSIの活動全てにおいて言えることは、職員の健康と安全を守り、JANSIの活動がコロナの感染源となることを避け、重要な原子力安全のオーバーサイトを継続することです。効果的なワクチンが広く行き渡ることによって近い将来感染拡大は抑えられ、感染予防のための厳格な規制も緩和されるでしょう。かつてのように集まり、直接言葉を交わし、国境を越えて自由に移動できる時が戻ることを心待ちにしています。

日本の事業者及びJANSI職員の新型コロナウイルス対応は非凡なものでした。原子力安全に絶えずフォーカスしながらもコロナウイルスの職場感染を避け、従業員の健康と安全を守るという困難な課題を原子力産業界全体が経験しました。私たちの安全に対する意識は、コロナの脅威により更に深化しました。また手段や方法を工夫しながら効果的な原子力安全のオーバーサイトを一丸となって実現するために、事業者のリーダー並びにJANSI職員は革新的な精神で臨みました。特に注目すべきは、コロナ禍で効果的なピアレビューを継続するための取り組みです。昨年一時的に中断があったものの、その後現場観察、リモートインタビュー、パフォーマンス分析を組み合わせるという方法でピアレビューを再開しました。発電所の多大な協力もあり、この新しいピアレビューの手法は原子力安全の継続的改善を促進する上で非常に効果的であることが証明されました。他のJANSI活動についても同様の見直しを行っております。

現在日本では5発電所9基が稼働しており、さらに数基が長期停止から綿密な安全審査と改良工事を経て再稼働に向け慎重に準備しています。その他多くの発電所は、再稼働に向け国及び自治体の承認を得るため安全審査と改良工事のプロセスの最中にあります。一旦再稼働したプラントは高い安全性と信頼性を維持して運転されており、このことは国際基準のパフォーマンス指標で測定した結果から明らかです。原子力規制委員会による新検査制度はCAPプログラム、コンフィグレーション管理、及び共通のパフォーマンス指標といった産業界の取り組みに支えられ、産業界全体にわたって順調に実施されています。日本原燃の再処理施設の建設もしゅん工に近づいており、安全な運転に向けたJANSIの支援が着実に進んでいます。

2021年度は、JANSI 10年戦略の3年目に入ります。WANOとの連携を含めたピアレビューの有効性改善、発電所の共通課題を解決するための支援、パフォーマンス・モニタリング及びコンティニュアス・モニタリングのフィージビリティスタディ、再処理施設の支援等、2021年度の事業計画に基づき具体的に進めていきます。JANSIは産業界のパフォーマンスと外部環境の変化に着目し毎年10年戦略の再検討を行いますが、今年は微調整のみ実施し、優先させる重点分野は変更なしとしました。

10年戦略について言えば軽微な変更のみでしたが、2021年度はJANSIにとって大きな変化の年となります。まず、10年戦略への整合と組織の成熟度や能力の明示という目的で組織改編を行います。フラットな組織構造により意思決定が簡素化され、横の連携が活発化します。常務執行役員は、ますます重要になる外部とのインターフェースを強化し、社内のリーダーシップと人材開発の効果を高めるという新しい役割を担います。またコロナ禍で学んだ教訓を生かして、より柔軟で効率的、効果的な職場環境に移行します。特に、オフィス、自宅、発電所のどこで働くかについて、各作業に最適なバランスを達成します。個々の職員の出社率は50%程度になると見込まれます。新しい組織と職場環境によって、質の高い評価と支援を提供するための内部コミュニケーションと連携が強化されます。この大規模な変更には、全JANSI職員の参加と会員企業のサポートが必要です。

今年の会長挨拶を締めくくるにあたり、日米両政府が最近発表した積極的なCO2削減目標について述べたいと思います。これらの野心的な目標は、温暖化ガス実質ゼロ社会における原子力エネルギーの極めて重要な役割を浮き彫りにしました。しかし、原子力エネルギーがその役割を果たすことができるのは一般社会からの高い信頼、とりわけ非常に優れた安全のパフォーマンスを根拠とした信頼を得ている時だけであることは言うまでもありません。社会からの高い期待は当然のことであり、私たちはこれらの期待に応え、またそれを超えなければなりません。JANSIの職員は、安全で信頼できる原子力エネルギーに対する社会の期待に応えるべく日本の事業者を支援する中心的な役割を担っています。私はJANSI職員のひたむきな姿勢と努力があれば、この挑戦に立ち向かえると確信しています。JANSIで原子力に携わる者として、やりがいを感じられる一年になると思います。

一般社団法人 原子力安全推進協会
会長 ウィリアム・エドワード・ウェブスター・ジュニア